母の日のお花とは

母の日にお母さんに贈るお花といえばまず思い出すものがカーネーションですが、人気のバラ、色や種類の豊富さから母の日ギフトに選ぶ方が増えているアジサイなどなど、お母さんが好きな花をじっくりお探しくださいね。

どんな花を贈ろうかと迷っている方には、定番のカーネーション以外にも色から選んだり、人気のお花から、季節のお花から、あるいは花言葉から逆引きして選んでみると良いでしょう。もちろんお母さんの好きなお花があればそれを贈るのが一番ですが、特にないという場合はいろいろと工夫して選んであげると良いと思います。

基本的には手間のかからないお花の方が喜ばれますが、こまめなお世話が好きなお母さんには鉢植えも喜ばれます。枯れないようにお水をあげたり室温に気を遣いながら育てる楽しみがありますから、お母さんの性格なども考慮して選ぶと良いかもしれません。

お母さんのイメージや性格を色に結び付けてお花を選んでみるなら、女性らしくて優しいお母さんにはピンクのお花を、逆に活動的で情熱的、前向きな心を忘れないお母さんには赤系のお花がおすすめです。お母さんとしても、自分の良いイメージを花にたとえてもらうというのは嬉しいはず。

アクティブなお母さんにはオレンジやイエローのお花を、ちょっと変わったお花が好きなお母さんには紫色やブルーのお花もおすすめです。カラーごとにアレンジメントされたフラワーギフトもあるので、お母さんのイメージに合わせてどの色が一番似合うか考えてみるのもいいですね。

また、まるで生花とほとんど変わらない美しさで個性的な色やデザインが楽しめる「プリザーブドフラワー」も最近人気が出て来ています。せっかく贈ったお花もすぐ枯れてしまうのではちょっと残念。しかし、プリザーブドフラワーならお花が一番美しい時に刈り取りを行って作られているので、ふつうのお花よりも長く楽しむことができ、日光の心配や水やりをする必要もないので楽に飾っておけるお花です。必ずしも生花である必要はありませんから、こちらもぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る